img_01 TOP > チラシ作成で抑えるべき点

チラシ作成で抑えるべき点

多くの方々に情報を周知したい場合に有効な手段がチラシ作成です。


お客様に情報を取りに来て頂かなくても、こちらから情報を発信することが可能なので目を通してもらえる可能性が高い方法であると言えます。

しかし、チラシ作成を行い配付をしても必ずしも目を透していただけるとは限りません。

そこで、人間の心理を利用してできるたけ手に取り、目を通していただけるチラシ作成を行いましょう。

チラシ作成を行う上で、まず重要になるのがサイズを選ぶことです。

街頭などで行き交う人々に直接手渡しする場合やポストに投函するといった場合は、A4のサイズが最も適しています。

そして、最も多い新聞の折込という方法を利用する場合は、B4のサイズが適当です。



実は、新聞に折り込まれるチラシは大きさによって価格差が発生しません。そのため、より多くの情報が掲載することが可能なB4サイズのコストパフォーマンスが高く、経済的です。



さらに、こうした理由から折り込まれているチラシのサイズはB4サイズのものが多いため、これよりも小さなサイズだと他のチラシに埋もれてしまい存在感が薄くなってしまうのです。

次に、重要なのが使用するインクの数です。

単色や色合い豊かな複数色など選ぶことが可能ですが、周知したい内容によって選ぶと良いでしょう。



臨時の情報や速報という意味合いを強く出したいのであれば、あえて単色でデザインするとより一層お得な雰囲気が伝わりやすくなります。